2016.12.4 21:34

王貞治氏に「一本足打法」指導の荒川博氏が心不全のため死去 86歳

王貞治氏に「一本足打法」指導の荒川博氏が心不全のため死去 86歳

荒川博さん(右)から一本足打法を教わる王貞治=1966年

荒川博さん(右)から一本足打法を教わる王貞治=1966年【拡大】

 元プロ野球巨人の打撃コーチとして、王貞治氏に「一本足打法」を指導した荒川博(あらかわ・ひろし)氏が4日午後、心不全のために東京都内の病院で死去した。86歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取りは未定。

 東京・早実高から早大を経て1953年に毎日(現ロッテ)に入団し、外野手としてプレー。61年に現役を引退し、62年から70年まで巨人でコーチを務めた。「素振りをしていた部屋の畳がすり切れた」「集中力を研ぎ澄ませるため、日本刀で素振りをした」などのエピソードが残る猛練習は「荒川道場」と呼ばれ、伸び悩んでいた王氏を一流の打者に育てた。

 68年には阪神戦で王氏への危険球を巡りバッキー投手と乱闘となった。74年から76年途中までヤクルトの監督を務めた。

 現役時代の通算成績は9年間で503安打を放ち、打率2割5分1厘、16本塁打、172打点。監督通算は127勝142敗20分け。

王貞治氏の話「情熱というものをストレートに出せる人。練習のなんたるかを教えてもらった。やれば結果が変わるんだということも教えてもらった。私も幸せだったが、荒川さんも幸せだったと思う」

  • 元巨人打撃コーチの荒川博さん
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 王貞治氏に「一本足打法」指導の荒川博氏が心不全のため死去 86歳