2016.11.29 05:01

DeNAなどで活躍の藤江が現役引退「これまでの経験を役立てたい」

DeNAなどで活躍の藤江が現役引退「これまでの経験を役立てたい」

特集:
移籍・退団・引退

 横浜(現DeNA)と楽天でプレーし、今季は米独立リーグのランカスターに所属していた藤江均投手(30)が現役引退を決断したことが28日、分かった。

 藤江は東邦ガスからドラフト2位で2009年に横浜へ入団。NPB通算7年間で166試合に登板し、12勝14敗1セーブ、防御率4・17。12年には自己最多の52試合に登板した。藤江は「やり切りました。これまでの経験を役立てたい」と話し、野球に携わる仕事に就くことを望んでいる。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNAなどで活躍の藤江が現役引退「これまでの経験を役立てたい」