2016.11.17 05:03(2/2ページ)

巨人D6・大江、“リアル・巨人の星”になる!父に恩返し誓う

巨人D6・大江、“リアル・巨人の星”になる!父に恩返し誓う

巨人の球団旗を背に、大江と父・広志さんは記念撮影。忘れられない1枚になった (撮影・桜木理)

巨人の球団旗を背に、大江と父・広志さんは記念撮影。忘れられない1枚になった (撮影・桜木理)【拡大】

 夢は果てしなく広がる。仮契約を終えた大江の言葉に、同席した父・広志さんも目頭を熱くした。

 「ここまで成長できたのは、お父さんのおかげ。早く1軍で活躍をして、プレーする姿を見てもらいたい。まずは一緒に食事に行きたいです」

 ドラフト当日に放送されたテレビ番組は、主に母親にスポットライトを当てたものだが、大江を育ててくれたのは父だった。小学3年のときに離婚して以来、男手一つでプロまで導いてくれた。

 広志さんはオリックス・糸井の母校でもある京都・宮津高野球部出身。5歳で野球を始めた大江には、漫画「巨人の星」のような練習を課した。「家の前で太いチューブを腰に巻いて、走っていました」。チューブの反対側で父が“重り”となり、下半身を強化。キャッチボール相手はいつも父だった。

 試合の日は弁当も手作り。ハンバーグが好きな息子のために、早朝から包丁を握った。「形も悪いし、中が焼けていなかったこともありました」と苦笑いの父に、孝行息子は固く誓った。

 「今まで以上に自覚を持って、やっていきたい」。最速149キロのクロスファイアで内角を攻めるのが身上。星飛雄馬と同じ小柄なド根性左腕が、プロの荒波に飛び込む。 (桜木理)

ドラフト指名へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人D6・大江、“リアル・巨人の星”になる!父に恩返し誓う