2016.11.7 08:00

【佐野慈紀のピッカリ診断】藤浪の適当な荒れ球は大きな武器

【佐野慈紀のピッカリ診断】

藤浪の適当な荒れ球は大きな武器

キャッチボールする藤浪=QVCマリンフィールド(撮影・小倉元司)

キャッチボールする藤浪=QVCマリンフィールド(撮影・小倉元司)【拡大】

 藤浪の課題として、常に制球力の無さが挙げられるが、“適当な荒れ球”は大きな武器だ。あの長身で、長い手からダイナミックな投球フォームで右打者の胸元に迫ってくる160キロの速球を一度見せられれば、屈強な外国人打者も恐怖心のあまり、踏み込んで打つことはできないだろう。

 今回の侍ジャパンの強化試合は藤浪が「自分の持ち味はなにか」を考える、いい機会だと思う。大谷はパワーピッチャーだが、制球力も兼ね備えているから打者は球速ほど怖さを感じないのではないか。菅野は緩急を使い分けて相手の打ち気をそらすタイプ。藤浪の最大の特長は、打者サイドからすれば「的を絞りにくい」ところだ。

 ここ一番での制球力の無さは本人が一番わかっている。秋季キャンプでもフォームを安定させることに力を入れたようだが、欠点ばかりに気をとられて、本来のスケールの大きさが影を潜めるようでは魅力も半減してしまう。藤浪の荒れ球は打者にとっては脅威。制球をよくするために、小さくまとまった投手にだけはなって欲しくない。 (サンケイスポーツ専属評論家)

  • 巨人・菅野、日本ハム・大谷、阪神・藤浪のプロフィル
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【佐野慈紀のピッカリ診断】藤浪の適当な荒れ球は大きな武器