2016.10.28 05:03(3/3ページ)

阪神D8・藤谷“みかん”の大器や!パナ監督が泣く泣く手放す逸材

阪神D8・藤谷“みかん”の大器や!パナ監督が泣く泣く手放す逸材

阪神時代の梶原監督(背番号61)。1軍では4試合の出場に終わった

阪神時代の梶原監督(背番号61)。1軍では4試合の出場に終わった【拡大】

 山口・周防大島高3年時に右肘を骨折。今季、ようやく公式戦に戻ってきた。20歳とはいえ伸びしろは高卒級。高校時代に過ごした周防大島は、みかんの名産地。学校行事のみかん狩りで「(高いところを)獲るのをお願いされていました」と語るほど、スクスク育った長身だ。今はまだ“未完(みかん)”でも、大器には違いない。

 「活躍して、いい車もほしいです。テレビもでっかい方がいいです。パナソニック製? そのつもりです」

 野心は十分。くっきりハイビジョンで、明るい未来を見すえる。 (長友孝輔)

ふじたに・こうすけ あらかると

 ★生まれ、サイズ 1996(平成8)年2月12日、山口県生まれの20歳。1メートル94、90キロ。右投げ右打ち
 ★離島のダルビッシュ 周防大島高時代は2年夏から背番号1。長身から投げ込むスタイルで注目されるも、右肘骨折でプロ入り断念
 ★好きなみかん、実は… 「(周防)大島のみかんより、愛媛のみかんを食べていました」
 ★急激増量 9月に監督命令で1週間で7キロ増やして体重90キロに。球威も増し、ドラフト指名につながった。「キツかった。1日7食くらい食べた」
 ★気になる虎戦士 藤浪。「試合前とか試合中に、モチベーションをどう高めているのかを聞きたい」
 ★シブい勝負ソング 試合前にTUBEの曲を聴く。「WINNERS HIGH」「My Hero」の2曲で「試合前にしか聴かないので、入り込める」
 ★トリプルスリー男斬り 今年2月の練習試合でソフトバンク2軍戦(生目第2)に登板。2軍調整中の柳田と対戦し、遊ゴロに打ち取り「オーラがすごかった」

梶原 康司(かじわら・こうじ)

 1978(昭和53)年4月20日生まれ、38歳。宮崎県出身。延岡学園高から九州東海大(現東海大九州キャンパス)を経て2001年D8位で阪神入団。02年8月10日の中日戦(ナゴヤD)でプロ初出場。通算4試合で打率・000、0本塁打、0打点。04年に退団後、05年4月にパナソニック入社。同年の社会人野球日本選手権優勝に貢献。今年から同監督に就任した。右投げ左打ち。

ドラフト指名へ

  • 藤谷は投球フォームを披露する。1メートル94の未完の大器だ(撮影・松永渉平)
  • 藤谷(左)はパナソニックの梶原監督(右)と記念撮影。恩師は元トラ戦士だ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D8・藤谷“みかん”の大器や!パナ監督が泣く泣く手放す逸材