2016.10.23 05:02(3/4ページ)

即戦力証明!富士大・小野、自己最速タイ152キロで“虎1勝”

即戦力証明!富士大・小野、自己最速タイ152キロで“虎1勝”

好投する富士大・小野。即戦力投手という期待通りのピッチングだった

好投する富士大・小野。即戦力投手という期待通りのピッチングだった【拡大】

 期待にたがわぬ投球。スタンドから見守った阪神・葛西スカウトは「投球リズムも良くなって、リリースポイントも安定している。体がしっかりしていくとまだまだスピードが出る。先発完投型で、即戦力でいける素材」と満足の笑顔だ。

 1メートル84、75キロ。まだ細身の体付きについても、同スカウトは「見た目では力んでないけど、だいぶ(直球が走って)来る。強さを持っている」と分析。富士大・豊田監督も、この春から身長が1センチ伸びたことを明かし「まだまだ伸びしろが、かなりある選手」とプロでのさらなる成長に、太鼓判を押した。

 23日は明治神宮大会出場をかけ、仙台大と激突する。この日106球を投げた右腕だが、「行けと言われたら行くつもり。厳しい試合になると思う。粘り強く、失点を少なくしたい」と連投の覚悟を口にした。

 「いまは神宮大会に行くことが最終目標なので。(プロ入りについては)まだ想像がつかないですね」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 即戦力証明!富士大・小野、自己最速タイ152キロで“虎1勝”