2016.10.21 05:03(3/3ページ)

阪神2位指名の富士大・小野、新人王獲り宣言「甲子園は憧れ」/ドラフト

阪神2位指名の富士大・小野、新人王獲り宣言「甲子園は憧れ」/ドラフト

特集:
ドラフト情報
阪神から2位指名を受けた小野。西武岸タイプの152キロ右腕は藤浪にライバル心メラメラ(撮影・石田征広)

阪神から2位指名を受けた小野。西武岸タイプの152キロ右腕は藤浪にライバル心メラメラ(撮影・石田征広)【拡大】

 「率直にうれしい。とにかく勝てる投手になりたい。新人王を獲ります」

 対戦したい投手を問われ、大学の先輩になる西武の外崎や、富士大のある岩手県出身の日本ハムの大谷を挙げ「4年間磨いた直球で勝負したい。目標は新人王で、将来は2桁勝てる投手になりたい」と活躍を誓った。

 さらに同級生でチームメートになる藤浪については「ライバルとして競い合いたい」。1位は野手の大山である以上、評価は“ドライチ投手”。即戦力右腕が新たな風を吹かせる。

小野 泰己(おの・たいき)

 投手。1994(平成6)年5月30日生まれ、22歳。福岡県北九州市出身。大原(おおばる)小1年から大原イーグルスでソフトボールを始める。上津役(こうじゃく)中では軟式野球部で2年から投手。折尾愛真高(福岡)では1年秋にベンチ入り。2年秋からエースで3年春の県8強が最高。富士大では2年春からベンチ入り。昨秋は防御率0・00で最優秀防御率賞、今秋は5勝無敗でベストナイン。全国大会は2年秋の明治神宮大会と3、4年春の大学選手権で登板。北東北大学リーグ通算12勝1敗。1メートル84、75キロ。右投げ右打ち。家族は両親、姉、兄。

ドラフト指名へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神2位指名の富士大・小野、新人王獲り宣言「甲子園は憧れ」/ドラフト