2016.10.21 05:03(2/3ページ)

阪神2位指名の富士大・小野、新人王獲り宣言「甲子園は憧れ」/ドラフト

阪神2位指名の富士大・小野、新人王獲り宣言「甲子園は憧れ」/ドラフト

特集:
ドラフト情報
阪神から2位指名を受けた小野。西武岸タイプの152キロ右腕は藤浪にライバル心メラメラ(撮影・石田征広)

阪神から2位指名を受けた小野。西武岸タイプの152キロ右腕は藤浪にライバル心メラメラ(撮影・石田征広)【拡大】

 記者会見場のテレビに「小野泰己」の名前が映し出されたのは午後6時すぎだった。「阪神タイガースの2位指名を受けました」。大学の広報担当者がアナウンスすると、会見場に詰めかけた野球部員や学生ら約50人から大きな拍手が巻き起こった。

 「こんなに高い評価をいただいて光栄。阪神はファンがすごく熱いというイメージがある。甲子園という高校時代に憧れた舞台で投げられるのはうれしい」

 福岡・折尾愛真高時代から4年越しでプロ入りの夢をつかんだ本格派右腕は、喜びを噛みしめるように言葉を選びながら話した。

 富士大は小野で4年連続7人目のドラフト指名。豊田圭史監督は「高い評価をしていただいてありがたい。1年でも長くプロで活躍でき、10勝以上できる投手に育ってほしい」と祝福した。

 西武・岸を彷彿とさせる1メートル84、75キロと細身の右腕で、最速は152キロ。北東北大学野球秋季リーグでは先発投手として5勝0敗の成績を残し、MVPに輝いた。長いリーチから繰り出す直球はさらに球速を増すと期待されている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神2位指名の富士大・小野、新人王獲り宣言「甲子園は憧れ」/ドラフト