2016.10.17 05:03(2/2ページ)

阪神・金本監督、お手本弾!「遊び」特打にフォーム修正中・原口ら感激

阪神・金本監督、お手本弾!「遊び」特打にフォーム修正中・原口ら感激

秋季練習でフリー打撃を行う阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・永田直也)

秋季練習でフリー打撃を行う阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・永田直也)【拡大】

 高山、原口らが居残り特打の準備をしていたときだ。金本監督が白木のバットを手に、打席に入った。中井打撃投手を相手に、22スイング。1本はきれいな放物線を描いて、右翼ポール際のスタンドに着弾した。

 「遊び、遊び。北條でもいれるで。お手本? 関係ない、関係ない。恥ずかしいところを見せてしまった」

 テレ笑いの将だが、48歳とは思えない力強いスイング。通算2539安打&476本塁打のスラッガーによる“実演指導”だ。食い入るように見つめていた原口も「格好いいですね。参考になった? はい。トップの位置を高くするとか、バットの出し方とかですね」と感激した。

 目下フォーム修正中の原口。指揮官は、構えたときの重心が前寄りであることを指摘し、「重心を真ん中に」と指導している。そんな男へ、俺のスイングを見ろ、とばかりの“手本”だった。

 29日からの高知・安芸での秋季キャンプでも打席に立つか問われると、「ない、ない、ない。素振りとティー打撃ぐらいならやるけど。全身筋肉痛になって大変なことになる」と否定したが…。アニキのことだから、じっとしていられない!? (三木建次)

  • 高山、今成ら(左から)の前で“実演”する金本監督
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・金本監督、お手本弾!「遊び」特打にフォーム修正中・原口ら感激