2016.9.12 05:03(2/2ページ)

阪神・陽川、ウエスタンリーグ2冠だ!14号&62打点

阪神・陽川、ウエスタンリーグ2冠だ!14号&62打点

3回、本塁打を放ち、ハイタッチを交わす阪神・陽川(中)=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)

3回、本塁打を放ち、ハイタッチを交わす阪神・陽川(中)=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)【拡大】

 ガコン! 低い音が響いた。陽川が“2冠弾”で状態の良さを猛アピールだ。0-0の三回無死一、三塁から中日先発・山井の126キロをバックスクリーンに直撃させた。

 「結果が出ることはいいことですが、1打席目(空振り三振)は球も甘くて、初回からチャンスで(走者を)進めることができれば点がとれたかもしれない。頑張ります」

 仕事を果たしても表情を緩めず、すぐさま反省点を口にした。14号&62打点はウエスタン・リーグのトップ。ファーム2冠達成となれば、2013年の森田一成(16本塁打、69打点)以来となるが、成長を目指すからこそ満足はしていられなかった。

 掛布2軍監督のもと、軸足のぶれを抑え、球を見る“間”を意識してきた打撃改善が数字になって表れてきた。さらに、将は「もっと余裕を持てば、自分有利のカウントになる。試合の状況判断ではなくて、自分と後ろの打者、自分の状態、相手バッテリーといろいろ考えての状況判断で、自分の打席を考えないといけないね」と注文をつけた。

 「ボール球に手を出すことはわかっていて、選球眼を上げないといけないですね」

 “眼力”を鍛えてタイトルも昇格へのチャンスもつかんでみせる。(新里公章)

  • ファームで2冠の陽川。この輝きを1軍で見たい
  • 3回、本塁打を放つ阪神・陽川=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 3回、本塁打を放ち、ハイタッチを交わす阪神・陽川(左)=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 9回、投球する阪神・桑原=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 4回、三塁打を放つ阪神・西田=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 試合前練習でキャッチボールを行う阪神・メッセンジャー=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 試合前練習で横田(右)を指導する阪神・掛布2軍監督=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 勝利しナインを迎える阪神・掛布2軍監督(左)=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 4回を終え、ハイタッチを交わす阪神・金田(左)=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 6回、投球する阪神・金田=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  • 5回、安打を放つ阪神・今成=鳴尾浜球場(撮影・永田直也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・陽川、ウエスタンリーグ2冠だ!14号&62打点