2016.9.8 05:01

【金本監督アニトーク】序盤いい当たりが正面ついた

【金本監督アニトーク】

序盤いい当たりが正面ついた

7回を終え選手交代を告げる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・永田直也)

7回を終え選手交代を告げる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・永田直也)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-3巨人、21回戦、巨人14勝6敗1分、7日、甲子園)

 --打線は粘ったが、結果的に田口に5勝目を献上した

 金本監督 「序盤、いい当たりが正面を突いたりしたけど。前回よりは、いい当たりをしてたんじゃないかな。当たりとしては。ただまあ、好機に一本…」

 --巨人には球際の執念を見せられた(八回の長野のダイブ)形に

 「まあ、トリ(鳥谷)のあれも抜けたと思ったけどね。まあ、そうなったんかな、結局、球際の執念で捕られて…。簡単に言えば、得点圏で向こうが3回タイムリーを打って、こっちは1回という、そんな感じの試合だった」

 --阿部にかなり打たれている

 「そうなん?」

 --40打数21安打

 「攻め方を考えないと」

 --何とか、甲子園で巨人に…

 「もう…(苦笑)。毎度、もうええやろ、その質問は。もう。言いようがない」

 --阿部の話に戻るが、ともに二死で迎えて、ファーストストライクを打たれてしまったのは、もったいない

 「それは、バッテリーのことは、まあ…。だからそこは考えないと、って。さっき言ったように」

 --これで今季の負け越しが決定した

 「いまさら…」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【金本監督アニトーク】序盤いい当たりが正面ついた