2016.9.1 05:06(3/4ページ)

西武に激震!?田辺監督辞任へ 後任候補に秋山氏、潮崎ヘッドら

西武に激震!?田辺監督辞任へ 後任候補に秋山氏、潮崎ヘッドら

特集:
移籍・退団・引退
先発した西武・多和田=西武プリンスドーム(撮影・山田俊介)

先発した西武・多和田=西武プリンスドーム(撮影・山田俊介)【拡大】

 1年契約を結び、背水の陣となった今季も春先から低迷。主砲の中村や投手陣では岸、牧田、菊池といった主力が相次いで故障。投手陣を整備し、守り勝つ野球を目指していたが、8月7日には借金21に膨らんだ。「伊原さんは借金13で休養したのに、20を超えているんだから…」と漏らした指揮官。それでも、監督としての責任感から指揮を執り続けた。

 田辺監督が辞任を申し出れば、球団側は後任人事に着手する。水面下では西武の黄金時代に活躍し、ソフトバンク監督として11、14年に2度の日本一に輝いた秋山幸二氏(54)と、潮崎哲也ヘッド兼投手コーチ(47)の名前が挙がる。

 6月に開かれた球団の親会社、西武ホールディングス株主総会で、ある株主から「(監督を)外部から呼ぶ考えはないのか」との意見が出た。8月19日に観戦に訪れた後藤高志オーナー(67)は、外部招へい案を「現時点では何ともいえない」と言葉を濁したものの、ある球団幹部は、秋山氏を「人柄はすばらしい。選手としても監督としてもすごかった」と高評価している。

【続きを読む】

  • ソフトバンク戦で逆転サヨナラ勝ちに導いた田辺監督。指揮を執るのは今季限りとなる(撮影・山田俊介)
  • ベンチに戻る西武・田辺監督=西武プリンスドーム(撮影・山田俊介)
  • 9回、サヨナラ打を打ち、ナインの祝福を受ける西武・森=西武プリンスドーム(撮影・山田俊介)
  • 先発した西武・多和田=西武プリンスドーム(撮影・山田俊介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武に激震!?田辺監督辞任へ 後任候補に秋山氏、潮崎ヘッドら