2016.8.14 22:33

中日・近藤がプロ初本塁打「がむしゃらにいった感じ」

中日・近藤がプロ初本塁打「がむしゃらにいった感じ」

7回、本塁打を放つ中日・近藤=京セラドーム大阪(撮影・安部光翁)

7回、本塁打を放つ中日・近藤=京セラドーム大阪(撮影・安部光翁)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神8-1中日、21回戦、阪神12勝9敗、14日、京セラD)中日の近藤がプロ初本塁打を放った。七回1死無走者で岩崎の甘く入った変化球を強振。左越えに運び「当てにいかずにしっかり振ろうと思った。がむしゃらにいった感じ」と振り返った。

 7月に育成選手から支配下選手登録されたばかりの23歳。「1打席目におっつけようとし過ぎて失敗したので、変に逆方向を狙うのではなく、センター返しを意識した」という修正能力も見せた。

中日・友利投手コーチ(小笠原に)「本人も悔しいでしょう。忘れられない試合になったのでは。次にやり返してくれるはず」

試合結果へ

  • 4回、降板しベンチに戻った中日・小笠原=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 4回、阪神・岩崎に押し出しの四球を与え、肩を落とす先発の中日・小笠原=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)
  • 4回、選手交代を告げる中日・森監督代行=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 4回、交代を告げられ汗を拭う中日・小笠原=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 先発した中日・小笠原=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・近藤がプロ初本塁打「がむしゃらにいった感じ」