2016.7.29 08:00

【小早川毅彦のベースボールカルテ】「天王山」鍵握る大谷の起用法

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

「天王山」鍵握る大谷の起用法

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ
日本ハム-ソフトバンク3連戦(札幌ドーム)の予想ローテ

日本ハム-ソフトバンク3連戦(札幌ドーム)の予想ローテ【拡大】

 パ・リーグは、29日から首位・ソフトバンクと2位・日本ハムが札幌ドームで直接対決。パ5球団の中で唯一、ソフトバンクとの対戦成績で8勝5敗1分けとリードしている日本ハムが今回の3連戦も勝ち越すことができれば、首位の背中が見えてくる。その意味では、まだ7月ながら「天王山」といっても過言ではない。

 日本ハムは6月19日の中日戦から7月11日のオリックス戦まで、球団記録を更新する15連勝をマーク。ソフトバンクの独走に待ったをかけた。前回の直接対決(7月1-3日、ヤフオクドーム)での3連勝が大きかったし、中でも3戦目の一回に「1番・投手」の大谷が放った初球先頭打者本塁打が効いた。

 今回も日本ハムの最大の武器は大谷で、逆にソフトバンクの狙いどころも大谷。「投手・大谷」を打ち崩すことはもちろん、「打者・大谷」を封じれば、相手の勢いをそぐことになるからだ。

 優勝争いは最終的に、余力が十分にあるソフトバンクの逃げ切りだと思うが、日本ハムには王者を焦らせて、おもしろくしてほしい。「投手・大谷」の先発予定は3戦目の31日。これまで通りなら2戦目はベンチ入りを外れるはずだが、今回はどうだろう。策士の栗山監督がどんな起用法を見せてくれるのか、楽しみにしている。 (サンケイスポーツ専属評論家)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】「天王山」鍵握る大谷の起用法