2016.7.25 05:04(2/2ページ)

球団史上初!阪神・島本、1球プロ初星「チャンスだと思った」

球団史上初!阪神・島本、1球プロ初星「チャンスだと思った」

勝利を収め喜ぶ阪神の島本

勝利を収め喜ぶ阪神の島本【拡大】

 友にささげる1勝でもある。2009年7月11日に大分県の高速道路で柳ケ浦高硬式野球部のチームバスが横転。中学時代に奈良の硬式野球チーム「橿原コンドル」でバッテリーを組んでいた吉川将聖さん(享年16)が亡くなった。

 11年には育成ドラフト2位で阪神入りが決まって、吉川さんの母・歌織さんから手紙を受け取った。「応援しています。プロで活躍してください」。その手紙は今も家に大事に取ってあるという。プロで活躍することが恩返し。何度も読み返して自らを鼓舞していた。

 「いいピッチングを続けていきたい」。満足はしていない。次こそは納得の白星を手にする。 (柏村翔)

データBOX

 ◎…阪神・島本が1球でプロ初勝利。阪神で1球勝利をしたのは1993年の弓長起浩、2000年の葛西稔、14年の金田和之に次ぐ4人目で、セ・リーグでは20人目。プロ初勝利が1球勝利だったのは球団史上初。プロ野球全体では横山貴明(楽天)が14年8月30日のソフトバンク戦(コボスタ)で成し遂げて以来7人目となる

試合結果へ

  • 1球で丸を一ゴロに仕留めた島本。うれしいプロ初勝利だ(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、阪神・島本=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 2回、2塁打を放つ阪神・大和=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)
  • スタメン落ちした鳥谷(右)と代わりスタメン入りした阪神・大和=7月24日、マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • ナインを迎える阪神・金本監督=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)
  • ナインを迎える阪神・ドリス=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)
  • 9回、力投する阪神・ドリス=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 8回に登板の阪神・藤川=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)
  • 8回、死球を受ける阪神・鳥谷(撮影・安部光翁)
  • 8回、死球をうけた阪神・鳥谷=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)
  • 6回、投球する阪神・マテオ=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 7回、広島・会沢のゴロを二塁に送球する阪神・マテオ=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 球団史上初!阪神・島本、1球プロ初星「チャンスだと思った」