2016.7.12 19:52

大越健介氏、東大・宮台の前でノーバン始球式「宿命みたいなもの」

大越健介氏、東大・宮台の前でノーバン始球式「宿命みたいなもの」

試合前に大越健介氏(右)と握手する東大の宮台=ハードオフ新潟

試合前に大越健介氏(右)と握手する東大の宮台=ハードオフ新潟【拡大】

 日米大学選手権第1戦(12日、日本-米国、ハードオフ新潟)東大から初めて日米大学選手権の日本代表に選ばれた新潟県出身の大越健介氏が始球式を行った。東大から33年ぶりの選出となった宮台の前で山なりのノーバウンド投球を見せ「宿命みたいなものと思う。ここに来られて良かった」と喜んだ。

 2人は始球式の直前に初対面を果たした。NHKで活躍中の大越氏は15日、神宮での第3戦も観戦予定。宮台は「15日に合わせられるよう準備します」と笑顔で話した。

試合日程へ代表メンバーへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 大越健介氏、東大・宮台の前でノーバン始球式「宿命みたいなもの」