2016.7.10 08:00

【小早川毅彦の打診球診】「お返しした」G菅野が前回の対戦を反省

【小早川毅彦の打診球診】

「お返しした」G菅野が前回の対戦を反省

1回 DeNA・ロペスを中飛に打ち取りグラブをたたく巨人・菅野=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

1回 DeNA・ロペスを中飛に打ち取りグラブをたたく巨人・菅野=東京ドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人5-2DeNA、13回戦、6勝6敗1分、9日、東京D)巨人にとって大きな1勝になった。主力に一発が出て、すっきり勝てたし、なによりエースの菅野に約1カ月ぶりの勝ち星がついた。

 菅野は前回の対戦(6月24日)の反省から、序盤の入り方をよく考えていた。3打席連続で初球を痛打されていた1番・桑原の第1打席は、変化球を交えた外角中心の配球。見逃し三振を奪い、「お返しをしたな」と思った。真っすぐも本来の威力が戻り、左打者への縦に曲がるカーブの切れが抜群だった。

 広島を追いかけるとすれば、投手力があるDeNAだと考えていたが、守りのミスが多すぎる。巨人は、緊張感のある試合を続けて勝ち星を積み重ねていくしかない。そうして初めて広島への“挑戦権”を手にすることができる。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  • 先発の巨人・菅野=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 先発の巨人・菅野=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 2回DeNA・宮崎のピッチャー返しを捕球する巨人・菅野=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 7回が終了しベンチに引き揚げる巨人・菅野=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 9回DeNA・ロペスを三振としゲームセット。グローブを叩いて喜ぶ巨人・菅野=東京ドーム(撮影・山田俊介)
  • 試合後、笑顔を見せる巨人の(左から)坂本、菅野、村田=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【小早川毅彦の打診球診】「お返しした」G菅野が前回の対戦を反省