2016.6.28 05:02(2/2ページ)

阪神新助っ投・サターホワイト、デビュー前にボーク対策!

阪神新助っ投・サターホワイト、デビュー前にボーク対策!

29日、対外試合デビューを果たすサターホワイト。ボーク対策もばっちり

29日、対外試合デビューを果たすサターホワイト。ボーク対策もばっちり【拡大】

 ついに新守護神候補がタテジマのユニホームを着て、黒土のマウンドに上がる。サターホワイトが初実戦へ。ファンの期待と同様に高橋2軍投手コーチも興奮を隠せなかった。

 「1イニングぐらい投げてもらう。球は力強くて、スプリットのようなフォークを投げる。ストライクを取れれば大丈夫だと思うよ」

 29日のトヨタ自動車戦(鳴尾浜)で登板することが決まった。前日26日に鳴尾浜で行われたシート打撃では最速148キロを計時し、打者5人に1安打1四球3奪三振。15日の初来日から2週間で対外試合デビューだ。

 救世主として期待される中継ぎ右腕。「きれいなフォーシームを投げるよね」とその才能を評価している高橋コーチは日本で成功する秘訣を伝授する。

 セットポジションについて「試合でボークを取られているシーンを集めたビデオを見たらどうか」と関係者に伝えたという。これまでの助っ人の失敗シーンを集めて、予習すれば、日米の違いにもいち早く対応できる。

 この日は2軍練習が休みのため、兵庫県内の自宅で静養に務めたサターホワイト。「タイガースで野球が終えられるようにしたい」。猛虎愛にあふれる男が、初実戦でファンの度肝を抜く。 (柏村翔)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神新助っ投・サターホワイト、デビュー前にボーク対策!