2016.6.23 05:03(2/3ページ)

巨人・杉内、復帰への思い激白!「一日でも早く1軍に上がりたい」

巨人・杉内、復帰への思い激白!「一日でも早く1軍に上がりたい」

プレートの踏み位置を真ん中に変更

プレートの踏み位置を真ん中に変更【拡大】

 長かったリハビリも最終段階に差し掛かった。手術から8カ月。杉内は静かに復帰ロードを歩んでいる。

 「順調だと思っています。野球ができないという意味で、苦しいといえば苦しい。理想は(今季)一日でも早く1軍に上がりたい。もう一度、ファンの声援を背中に感じながら投げたい」。現在はリハビリが進み、ブルペンでの投球練習も再開。実戦への道筋がようやく見えてきた。

 昨年10月1日、ソフトバンク時代の2006年頃から違和感があった股関節の手術を受けた。ついに体が悲鳴を上げたからだ。

 「(昨年7月に)抹消後、1カ月休みをもらって何もしなかったけど、痛みとかうずき方が全然変わらなかった」と杉内。股関節の形成手術は球界では前例が少なく、医師から保存療法を強く勧められたが、手術を決断。2カ月間の車いす生活も初体験だった。

 「ここまで野球から離れることはなかった。寝る、テレビを見る、本を読む。時間が来たら、ご飯を食べて…。足は全然動かなくて『本当に治るのか』と思ったこともあった」と振り返る。

 歩けるようになった昨年12月には、ソフトバンク時代の恩師、王貞治球団会長(76)と福岡で食事をした。「『大丈夫か』と言っていただいた。もう一回投げて、復活したところを王さんにも見せなければいけない」。恩師の言葉にマウンドに帰る使命を感じたという。

【続きを読む】

  • 杉内のリハビリは最終段階に突入。朗らかな表情も目立つようになってきた(撮影・長尾みなみ)
  • 主な1980年度生まれの選手
  • 杉内俊哉の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・杉内、復帰への思い激白!「一日でも早く1軍に上がりたい」