2016.6.11 05:00

マー君、武豊と共闘誓った!ヤンキースタジアムで豪華2ショット

マー君、武豊と共闘誓った!ヤンキースタジアムで豪華2ショット

特集:
田中将大
ヤンキースタジアムで練習を見る武豊(左)=ニューヨーク(共同)

ヤンキースタジアムで練習を見る武豊(左)=ニューヨーク(共同)【拡大】

 【ニューヨーク9日(日本時間10日)】ヤンキースの田中将大投手(27)が、騎手の武豊(47)をヤンキースタジアムに招待し、喜びの対面を果たした。

 「武さんは僕が生まれる前からずっと、第一線で活躍されています」

 大の競馬ファン。日本では何度か対面しているが、本拠地の会見場でグラブをプレゼントした。

 前日8日(同9日)にニューヨーク入りした武は「ヤンキースタジアムは入った瞬間にドキっとした。すごく神聖な感じがした」と感激。くしくも出場予定の3冠レース最終戦「ベルモントステークス」(GI、ダート2400メートル)と、田中が登板予定の11日午後7時15分(同12日午前8時15分)開始予定のタイガース戦(ニューヨーク)が重なっている。武は「同じ日に一緒にニューヨークで勝てれば、こんなにうれしいことはない」と健闘を誓った。

 エールを送られた田中は軽めに16球の投球練習をこなした。タ軍戦ではメジャー移籍後初めて中4日で3試合続けて登板するが、ラリー・ロスチャイルド投手コーチ(62)は「(中4日の間隔は)慣れるのに2、3年はかかるもので、いい機会になる」とうなずいた。

★マー君は球界きっての競馬通

 楽天時代の2012年から競馬を始めると、オフの日には朝から競馬場に行くこともあるほどの大ファンに。球団初の日本一に輝いた13年には中山馬主協会が1年で最も日本中を楽しませ、勇気づけた人物に贈る「FUN OF THE YEAR」に選ばれた。年末の風物詩である有馬記念では同年の表彰式でプレゼンターを務め、ヤンキースに移籍した14年には枠順ドラフトの抽選会に参加した。

  • ヤンキースタジアムを訪れた武豊(左)=ニューヨーク(共同)
  • ヤンキースタジアムを訪れた武豊=ニューヨーク(共同)