2016.6.10 05:04(2/3ページ)

メヒア、両リーグ最速20号!レオ党熱狂の大逆転で8年ぶりG戦勝ち越し

メヒア、両リーグ最速20号!レオ党熱狂の大逆転で8年ぶりG戦勝ち越し

2年ぶりに盗塁を決めた西武・メヒア(左)

2年ぶりに盗塁を決めた西武・メヒア(左)【拡大】

 またまた、メヒアさまさまや~! 3年連続の20号となる豪快3ランで、8年ぶりの巨人戦勝ち越しを決定づけた。

 「この巨人3連戦でチームを助けるような活躍ができていなかったので、本塁打が打ててよかった」

 4-3と逆転に成功した直後の七回一死一、二塁。西村のスライダーを中堅左へ運び、パ・リーグ2冠王のパワーを巨人にみせつけた。

 「この時期に20本打てていることは調子がいい。ただ打率(・273)が少し下がっているので、そこをケアしたい。本塁打は打席に立っていれば確実に出ると思っている」

 20本塁打、55打点で両リーグトップをキープしたが、反省も忘れなかった。

 足では、相手ばかりか味方も驚かせた。六回一死一塁で、2年ぶり3個目となる二盗に成功。無死二塁で二ゴロに倒れて、二走の栗山が二、三塁間に挟まれアウト。チャンスがしぼんだかと思われたが、一塁手の阿部がベースから離れていたのを見逃さず、大きくリードをとり二塁へ滑り込み。浅村の左前適時打で、1点差に追い上げるホームを踏んだ。

 「阿部が警戒していなかったので、自分の判断でいった。あそこで得点圏に進めたことは大きかった」

【続きを読む】

  • 七回に駄目押しの20号3ランを放ったメヒア。これぞ、助っ人だ
  • 7回、3ランを放つ西武・メヒア=西武プリンスドーム(撮影・小倉元司)
  • 7回、3ランを放った西武・メヒア=西武プリンスドーム(撮影・小倉元司)
  • 巨人に勝利し、マウンドでハイタッチする西武ナイン=9日、西武プリンスドーム(撮影・桐山弘太)
  • お立ち台でポーズをとる西武・秋山(右)と金子侑=西武プリンスドーム(撮影・小倉元司)
  • 巨人に勝利し、ファンに応える西武・秋山=9日、西武プリンスドーム(撮影・桐山弘太)
  • 7回、3ランを放ったメヒア(左)を迎える西武・秋山=西武プリンスドーム(撮影・小倉元司)
  • 7回、同点の適時三塁打を放つ西武・金子=9日、西武プリンスドーム(撮影・桐山弘太)
  • 7回、勝ち越しの適時二塁打を放つ西武・秋山=西武プリンスドーム(撮影・桐山弘太)
  • 6回、適時打を放つ西武・浅村=9日、西武プリンスドーム(撮影・桐山弘太)
  • 6回、メヒアのニゴロで三遊間で挟まれアウトとなる西武・栗山=西武プリンスドーム(撮影・矢島康弘)
  • 6回、適時打を放つ西武・栗山=9日、西武プリンスドーム(撮影・桐山弘太)