2016.6.9 05:03(1/3ページ)

“北の鉄腕”東海大北海道・水野、16K149球完封/全日本大学野球

“北の鉄腕”東海大北海道・水野、16K149球完封/全日本大学野球

快投をみせた水野。独特のフォームから切れのあるボールを披露した(撮影・長尾みなみ)

快投をみせた水野。独特のフォームから切れのあるボールを披露した(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 全日本大学選手権第3日(8日、神宮ほか)2回戦が行われ、東海大北海道(札幌)は立命大(関西学生)を4-0で下し、15年ぶりの8強入りを果たした。横手投げ右腕、水野滉也投手(4年)が16三振を奪う力投で完封勝利を収めた。明大(東京六大学)は延長十回タイブレークの末、1-2で関西国際大(阪神)に敗れ、1998年以来18年ぶりの初戦敗退となった。亜大(東都)、奈良学園大(近畿)、上武大(関甲新)、東北福祉大(仙台六大学)も準々決勝に進出した。

【続きを読む】

  • 立命大を16奪三振で完封した東海大北海道・水野=東京ドーム
  • 試合に勝利し水野滉也のもとに集まる東海大北海道ナイン=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 3回、東海大北海道・井口一真が本塁打=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 主なドラフト候補選手