2016.6.2 18:28

日通、新人4番・北川の2ランで都市対抗に前進

日通、新人4番・北川の2ランで都市対抗に前進

日通・北川利生外野手は、都市対抗の南関東二次予選準決勝で本塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)県営大宮球場

日通・北川利生外野手は、都市対抗の南関東二次予選準決勝で本塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)県営大宮球場【拡大】

 都市対抗野球の南関東二次予選準決勝が2日、埼玉・県営大宮球場で行われ、第1試合は日通(さいたま市)がJFE東日本(千葉市)を10-5で下し、第2試合は新日鉄住金かずさマジック(君津市)がホンダ(狭山市)を延長十回6-4で下し、決勝進出を決めた。

 日通は、新人の4番・北川利生外野手が三回に2ランを放つなど打線が爆発し、快勝した。北川は創価大時代の昨秋まで、今年のドラフトの超目玉の最速156キロ右腕・田中正義投手(4年)を捕手としてリードしていた。今春入社し、主に外野手で主軸を任されており、「試合が終わって考えたら、自分に甘いボールが来たのはあの本塁打になったスライダーだけ。都市対抗へ向け、先輩でも緊張しているのがわかって、自分らしくいけばいいと思った。決勝に勝って、都市対抗の東京ドームに行きたい」と意気込んだ。