2016.5.28 22:57

阪神・岩崎「絶対(七回を)投げきりたかった」今季初勝利も悔しさにじませる

阪神・岩崎「絶対(七回を)投げきりたかった」今季初勝利も悔しさにじませる

先発の阪神・岩崎=東京ドーム(撮影・吉澤良太)

先発の阪神・岩崎=東京ドーム(撮影・吉澤良太)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人4-6阪神、9回戦、4勝4敗1分、28日、東京D)阪神の岩崎が七回途中まで投げ、4安打2失点(自責点0)で今季初勝利を挙げた。ただ、2死一、二塁のピンチで降板しただけに「絶対(七回を)投げ切りたかった」と悔しさをにじませた。

 三回に失策が絡んで2点を失ったが、伸びのある直球を軸に大崩れはしなかった。降板直後のピンチでは、安藤が好救援。「リリーフの皆さんに感謝したい」と語った。

阪神・香田投手コーチ(岩崎に)「高めのボールに威力があった」

安藤(七回のピンチで好救援)「岩崎が頑張っていたので、何とか勝ちを付けたかった」

ヘイグ(九回に左越え2号ソロ)「自分のスイングをすれば、あれだけ飛ぶと思った」

試合結果へ

  • 先発の阪神・岩崎=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・岩崎=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 9回、本塁打を放つ阪神・ヘイグ=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 九回、本塁打を放つ阪神・原口=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 9回、ソロ本塁打を放った阪神・原口(中央)を出迎える阪神・金本監督(左)=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 8回、巨人・クルーズの打球を阪神・高橋とゴメスがぶつかる=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 7回途中から登板の阪神・安藤=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 7回、巨人・坂本を凡打に抑えた阪神・安藤=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 7回、代走を送られた阪神・新井を迎える金本監督=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 戦況を見守る阪神・金本監督(右)=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 4回、適時打を放つ阪神・原口=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 4回、適時打を放つ阪神・ヘイグ=東京ドーム(撮影・安部光翁)