2016.5.27 05:00

阪神・石崎、鳴尾浜で投球練習再開も「痛みまだある」

阪神・石崎、鳴尾浜で投球練習再開も「痛みまだある」

キャッチボールをする阪神・石崎=阪神鳴尾浜球場(撮影・岩川晋也)

キャッチボールをする阪神・石崎=阪神鳴尾浜球場(撮影・岩川晋也)【拡大】

 「インピンジメント症候群による右肘後方の炎症」で21日に出場選手登録を抹消された阪神・石崎が26日、鳴尾浜で投球練習を再開した。軽いキャッチボールやラケットによるシャドーピッチングで調整。「状態は良くはないです。まだ日も経ってないので、痛みもあります。まだまだ」と渋い顔。今季は6試合7回を投げ、無失点だった。早い復帰が望まれる。

  • ラケットを持ってシャドウピッチングをする阪神・石崎=阪神鳴尾浜球場(撮影・岩川晋也)
  • ラケットを持ってシャドウピッチングをする阪神・石崎=阪神鳴尾浜球場(撮影・岩川晋也)