2016.5.26 05:02(2/2ページ)

阪神・青柳、4回1安打無失点 掛布2軍監督「1軍でも打てないよ」

阪神・青柳、4回1安打無失点 掛布2軍監督「1軍でも打てないよ」

4回を無失点に抑えた青柳。変則右腕ルーキーが1軍級の力投をみせた

4回を無失点に抑えた青柳。変則右腕ルーキーが1軍級の力投をみせた【拡大】

 1回限定ではなく、複数回を抑えたことに意味がある。青柳が最速144キロの速球に加えて、要所でスライダーもテンポよく決め、無失点に抑えた。

 「四球も1つだけだったのがよかったですね。全部の球種でカウントがとれました」

 サイドスローとアンダーの中間の変則“クオータースロー”。打者13人に対して、1安打5奪三振1四球。試合は逆転負けも、制球が課題の右腕にとっては収穫の多い61球だった。

 制球力アップに向けて「踏み込む足をどれだけまっすぐ踏み出せるか」。久保2軍投手チーフコーチとフォームチェックを重ねた成果を披露。さらに、同期の高山や同い年の横山らも1軍で躍動しており「同い年が活躍してます。早く混ざりたいですね」と高みへの思いも力に変えた。

 1軍中継ぎ陣は守護神・マテオを含めて安定感を欠く。2軍先発陣の頭数の関係で、この日の1番手を任せた掛布2軍監督は「3回、30、40球くらいまではすごく強い球を投げていた。1軍でも戦力になる可能性がある。たぶん、上でも打てないよ」と絶賛だ。

 新たな可能性を示した変則右腕は「30、40球の中の制球力が試されます。追求したいですね」と力を込めた。 (新里公章)