2016.5.24 05:01

阪神・能見、4連敗中の苦手・燕斬る「なんとか次の失点を防ぐ」

阪神・能見、4連敗中の苦手・燕斬る「なんとか次の失点を防ぐ」

キャッチボールを行う阪神・能見=甲子園球場(撮影・永田直也)

キャッチボールを行う阪神・能見=甲子園球場(撮影・永田直也)【拡大】

 24日のヤクルト戦(神宮)には阪神・能見が先発する。昨季から4連敗中の相手だが「(狭い)球場も計算にいれながらになる。なんとか次の失点を防ぐ」と23日、意気込んだ。キャッチボールや短距離ダッシュで入念に調整。チームは前週の6戦で計23人のリリーフを投入しており、中8日で臨む左腕には長いイニングを投げることも期待される。「休ませてあげたい気持ちはもちろんある。しっかりできることをやりたい」と奮投を誓った。