2016.5.20 05:04(3/4ページ)

虎将が熱い抱擁で出迎え!原口、絶叫一撃「サヨナラやりました~」

虎将が熱い抱擁で出迎え!原口、絶叫一撃「サヨナラやりました~」

九回、サヨナラヒットを放つ阪神・原口文仁=甲子園球場(撮影・山田喜貴)

九回、サヨナラヒットを放つ阪神・原口文仁=甲子園球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 「打つ気満々で、冷静に頭の整理はできていました」。又吉の145キロ真っすぐを振り抜いた。聖地の夜空を、思いを乗せた白球で切り裂いた。

 現役時代、サヨナラ打12度の金本監督も「よくぞ原口がほんとに。俺が打者だったら絶対見逃しているけどね(笑)。いい意味でも思い切りがいいというか、冷静に、力まず、振っていって。僕だったら気が弱いから、四球狙いですよ」と脱帽。度重なるけがで2013年に育成枠となった。4月27日に支配下再登録。苦悩の日々から引き上げてくれた指揮官へ、最高の恩返し打になった。

 長い道だったが、振り返れば真っすぐに続いている道だった。「本当にいい経験ができた6年間だったので。この経験をもっとドンドン、1軍の舞台で生かしていきたいと思います」。この日が15試合目のスタメンマスクだったが、すべての経験が今に生きる。1軍の球場を訪れ「あの球場、下が硬いですね…」と人工芝に驚いた。散々泣かされた腰痛は、もうご免だ。試合中も、打席が巡って来ないタイミングを見計らい、ベンチ裏の狭いスペースで何度もストレッチする。

【続きを読む】

  • 九回、中越えにサヨナラ打を放った原口(右)は、びしょ濡れのまま金本監督(左)と抱き合った(撮影・松永渉平)
  • ヒーローの阪神・原口文仁=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 九回、原口のサヨナラ打に阪神ベンチはお祭り騒ぎだ
  • 9回、安打を放つ阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 9回、死球を受ける阪神・ヘイグ=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 9回、サヨナラ打を放った阪神・原口=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 9回、サヨナラ打を放った阪神・原口=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 8回、プロ初登板の阪神・田面=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 中日戦の9回に登板した阪神・藤川=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 9回、サヨナラ安打を放った阪神・原口は藤川(手前)と喜ぶ=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 9回、サヨナラヒットを放ち祝福を受ける阪神・原口=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • ファンに挨拶する阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)