2016.5.19 05:07(2/4ページ)

虎・球児、“感動”火の玉S!オール直球3人斬りで九回締めた

虎・球児、“感動”火の玉S!オール直球3人斬りで九回締めた

阪神・藤川球児

阪神・藤川球児【拡大】

 どよめきと大歓声が上がり、リンドバーグの曲が流れる。球児が最終回に帰ってきた。チームの危機に立ち上がり、舞い上がるジェット風船を背景に3人斬り。帽子のツバにそっと手をやる。目は潤んでいた。1341日ぶりセーブだ。

 「記憶がよみがえる? そう感じないようにしました。きょうのゲームに集中できるように。みんなが疲れているときのために僕がいる。勝てばどこをやってもいい。歓声は聞こえました。後押しになりました」

 汗か涙かわからない滴をぬぐい、ホッと息をついた。先発で開幕も前日まで1勝2敗、防御率5・88。7日のヤクルト戦(甲子園)で3回5失点と打ち込まれたのを最後に、リリーフに配置転換となった。セーブ機会はおろかリード時の登板も今季初。守護神のマテオが股関節付近を痛め、ドリスも体調不良。球児しかいなかった。

【続きを読む】

  • リンドバーグの曲に乗ってマウンドに向かう藤川。大歓声を背に守護神が帰ってきた(撮影・松永渉平)
  • 藤川の年度別登板成績
  • 藤川の全投球
  • 藤川(右)を笑顔で出迎えた金本監督。甲子園が感動に包まれた
  • ナインの出迎えを受ける阪神・藤川ら=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 9回に登板する阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 9回に登板する阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 8回途中から登板の阪神・安藤=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 4番手で登板する阪神・安藤=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 8回、中日・ナニータの打球を好捕した阪神・福留を迎える(左から)石崎、安藤、横山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 8回に登板の阪神・榎田=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 5回、ホームランを放つ阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・山田喜貴)