2016.5.17 19:48

桑田氏、清原被告の「言葉信じている。本来の姿もう一度見せてほしい」

桑田氏、清原被告の「言葉信じている。本来の姿もう一度見せてほしい」

特集:
転落!清原被告

 覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の初公判が17日午後、東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれた。清原被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 一方、検察側は覚醒剤使用の常習性が認められるとして、清原被告に懲役2年6月を求刑し、即日結審した。

PL学園高、巨人でチームメートだった桑田真澄氏の話「『人の役に立つ人間になることを心に誓っている』という言葉を信じている。まずはしっかりとリハビリに専念して、みんなが待っている彼本来の姿をもう一度見せてほしい」

清原和博被告初公判(1)小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼
(2)「遅くとも平成20年ごろから使用」 検察側の冒頭陳述で明らかに
(3)「左足が不自由、コーチ依頼もなく」心の隙間に覚醒剤…子供の目を避け使用
(4)「高校時代からライバル。最高のバッター」盟友の出廷にうつむく清原被告
(5)電話で謝罪された佐々木氏「2回目はないと信じている」
(6)「本当に申し訳…あぁぁ」声を震わせ謝罪 現役時代は「覚醒剤、使っていません」
(7)「息子と会えず突発的に…」 寂しさ、ストレスで覚醒剤 注射器使用は「昨年初めて」
(8)「16歳で電気屋の息子が全国区になり、社会に適応できず…」 自らの半生振り返る
(9完)「犯罪で報道される姿を息子たちに見せたくない」更生誓い、閉廷後に佐々木氏と握手清原和博被告初公判(1)小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼
(2)「遅くとも平成20年ごろから使用」 検察側の冒頭陳述で明らかに
(3)「左足が不自由、コーチ依頼もなく」心の隙間に覚醒剤…子供の目を避け使用
(4)「高校時代からライバル。最高のバッター」盟友の出廷にうつむく清原被告
(5)電話で謝罪された佐々木氏「2回目はないと信じている」
(6)「本当に申し訳…あぁぁ」声を震わせ謝罪 現役時代は「覚醒剤、使っていません」
(7)「息子と会えず突発的に…」 寂しさ、ストレスで覚醒剤 注射器使用は「昨年初めて」
(8)「16歳で電気屋の息子が全国区になり、社会に適応できず…」 自らの半生振り返る
(9完)「犯罪で報道される姿を息子たちに見せたくない」更生誓い、閉廷後に佐々木氏と握手