2016.5.16 05:00

阪神・西岡、左太もも裏痛18日に診察

阪神・西岡、左太もも裏痛18日に診察

 古傷の左太もも裏の痛みと張りで別メニュー調整を続ける阪神・西岡剛内野手(31)が、18日にチームドクターの診察を受けることが15日、わかった。

 それまでは室内でメニューをこなし、診察後に今後の調整の詳細が決まるもよう。13日のウエスタン・中日戦(鳴尾浜)の一回に内野ゴロを放って一塁ベースを駆け抜けた際に再発させていた。報告を受けた掛布2軍監督は「大したことはないようだ」と軽症との見方を示した。