2016.5.15 05:02(1/2ページ)

虎・原口、検証不要の完璧プレー!これいジョン文句言わせない

虎・原口、検証不要の完璧プレー!これいジョン文句言わせない

本塁突入の乙坂(右)にタッチした原口(左)。リプレー検証不要の完ぺきアウトだった(撮影・安部光翁)

本塁突入の乙坂(右)にタッチした原口(左)。リプレー検証不要の完ぺきアウトだった(撮影・安部光翁)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-1阪神、10回戦、阪神7勝3敗、14日、横浜)“コリジョン騒動”の嫌なイメージを吹き飛ばした。2点ビハインドの八回の守り。二死一、二塁で代打・下園の右前打に、右翼を守ったD6位・板山祐太郎外野手(亜大)がチャージをかけ、本塁前で待っていた原口へノーバウンドの好返球。捕球した原口がすぐさま反転して、二走・乙坂にタッチ。完ぺきなプレーで失点を防いだ。

 「コリジョンを考える余裕もないですし、僕はベストなプレーをしただけです」。右翼を守った板山が必死のプレーを強調すれば、原口は「いいボールが来たので何もすることなく捕れました」とルーキーをたたえた。

【続きを読む】

  • 八回、本塁を狙う乙坂(右)の走路を原口はベースの前に出て、空けていた
  • 3回、三振に倒れた阪神・原口=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 5回、狩野の適時打で3塁へ進んだ阪神・原口=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 8回、原口と話す阪神・藤川=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 6回、安打を放つ阪神・ゴメス=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 2回、ベンチで汗を拭う先発の阪神・岩貞(右)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 5回、適時打を放つ阪神・狩野=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 5回、適時打を放つ阪神・狩野=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 5回、狩野の適時打で生還する阪神・陽川=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 5回、安打を放つ阪神・陽川=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 4回、見逃し三振の阪神・ゴメス=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 3回、二飛に倒れた阪神・大和=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)