2016.5.14 05:01

阪神・西岡、左太もも裏痛で途中交代 掛布2軍監督「前に痛めたとこ」

阪神・西岡、左太もも裏痛で途中交代 掛布2軍監督「前に痛めたとこ」

1回、二ゴロに倒れる阪神・西岡=西宮市の鳴尾浜球場(撮影・二星昭子)

1回、二ゴロに倒れる阪神・西岡=西宮市の鳴尾浜球場(撮影・二星昭子)【拡大】

 ウエスタンリーグ(阪神11‐3中日、13日、鳴尾浜)阪神・西岡剛内野手(31)は13日のウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に「1番・二塁」で先発出場したが、三回の守備から退いた。西岡は「何もない」とだけ話して引き揚げた。

 掛布2軍監督によると「(一回に二ゴロで)一塁ベースを駆け抜けた際に、前に痛めたところ(左太もも裏)に痛みと張りを感じた」という状態で、大事をとった。山下2軍チーフトレーナーは「病院には行かず様子を見ます」と話した。