2016.5.7 05:05(2/4ページ)

阪神・板山∨打で首位Gと0.5差!超若返り打線の超強気ヒーロー

阪神・板山∨打で首位Gと0.5差!超若返り打線の超強気ヒーロー

お立ち台で笑みを浮かべる板山(右)と岩貞(左)。初々しいヒーローインタビューだった

お立ち台で笑みを浮かべる板山(右)と岩貞(左)。初々しいヒーローインタビューだった【拡大】

 根性が乗り移った打球が、一、二塁間をしぶとく破った。高山に続き、二走・鳥谷まで生還。板山の「シャー!」という雄たけびが、濡れた聖地に響き渡った。“虎の子の2点”をたたき出した。

 「6位で入って、(D1位の)高山があれだけ活躍して(自分が)こんなに早く出られると思ってませんでした。まったく想像できませんでした。一生懸命練習して、よかったです」

 福留が左太もも裏を痛め、2試合連続で「5番・右翼」に座った。一回一死満塁。先発・小川のカットボールを積極的に打ちにいった。出場5試合連続安打となる右前への2点打で先制に成功。「ルーキーの板山です。ルーキーは高山だけじゃないので、応援よろしくお願いします!」。初のお立ち台で、あえて同期の名を口にした。

 その反骨心のルーツは中学生になって横浜・中本牧シニアに入団した時に生まれた。週末になり、グラブとバットを用意しても、グラウンドの中にすら入れてもらえなかった。

【続きを読む】

  • 一回、小川(手前)から先制2点打を放った板山。5番の期待に応えた(撮影・松永渉平)
  • お立ち台でヒーローインタビューを受ける阪神・板山(右)と岩貞=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 1回、2点適時打を放った阪神・板山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 1回、適時打を放つ阪神・板山=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 1回、板山のタイムリーで生還する阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • ヒーローカーに乗る阪神・板山=甲子園(撮影・安部光翁)
  • ハイタッチを交わす阪神ナイン=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 7回、好守の大和を笑顔で迎える阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 1回、ホームインした鳥谷と高山を迎える先発の阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • メンバー表を交換する阪神・金本監督とヤクルト・真中監督=甲子園(撮影・中島信生)
  • 先発する阪神・岩貞=甲子園(撮影・中島信生)
  • 4回、安打を放つ阪神・大和=甲子園球場(撮影・中島信生)