2016.5.7 05:03(2/2ページ)

虎46年ぶり3戦連続完封!原口、驚異の防御率0・88リード

虎46年ぶり3戦連続完封!原口、驚異の防御率0・88リード

9回、マテオに声をかける阪神・原口=甲子園球場(撮影・安部光翁)

9回、マテオに声をかける阪神・原口=甲子園球場(撮影・安部光翁)【拡大】

 憧れの男に近づいた。試合前、ブルペンで球を受けた能見に「ジョーさんそっくりやな」と言われたという。

 プロ1年目の2010年は、城島健司の虎入り1年目。米大リーグを経験した捕手は生きた教材だった。城島がリハビリで鳴尾浜に来た際には質問攻めにし、長崎で行っていたオフの自主トレも参加。初の1軍昇格を果たし、「連絡はしましたよ」。ここ7試合中6試合で先発マスクをかぶり、三回の左前打で5試合連続安打。ジョーのように攻守で魅せた。

 「どの試合でも先発に勝ちがついてほしいと思うし、チームが勝つことが一番なので」

 育成枠から一気に正捕手へ。原口のシンデレラストーリーが加速する。(高瀬悟嗣)

★1970年の阪神

 村山実が兼任監督として登場。開幕戦の3番は藤田平で5番カークランド、6番田淵。投手陣では江夏豊が21勝17敗で340奪三振。14勝3敗の村山は防御率0・98でタイトル獲得。若生智男は13勝10敗。田淵は21本塁打だった。チーム成績は77勝49敗4分けで2位。

データBOX

 ◎…阪神の3試合連続完封勝利は1970年10月5日の広島戦、6、7日の大洋戦(いずれも甲子園)以来、46年ぶりで球団タイ。他に40-42、57、63、65年に各1度記録しており8度目。プロ野球記録は2010年中日、11年日本ハムの5試合
 ◎…ちなみに阪神が3試合以上続けて無失点に抑えたのは、13年4月9日の巨人戦-12日のDeNA戦(いずれも甲子園)で0-0の引き分けを挟んだ4試合連続(2-0→0-0→3-0→2-0)以来3年ぶり

試合結果へ

  • すっかり正妻のたたずまいの原口。八回、バレンティンから三振を奪ったドリスにこのポーズ(撮影・松永渉平)
  • 7回、今成を迎える阪神・原口と先発の岩貞=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 岩貞(左)に出迎えられ、笑顔の原口
  • 試合に勝利し、岩貞とハイタッチをする阪神・原口=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、安打を放つ阪神・原口=甲子園(撮影・中島信生)
  • 3回を投げ終え、原口(左)とハイタッチを交わす阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • ハイタッチを交わす阪神ナイン=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 選手交代を告げるためベンチを出る阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 江夏豊
  • 阪神・村山実
  • 阪神・若生
  • 阪神・辻恭彦