2016.5.2 05:03(2/2ページ)

阪神・ドリス、来日初星で大爆笑!大逆転呼ぶ1回ゼロ封

阪神・ドリス、来日初星で大爆笑!大逆転呼ぶ1回ゼロ封

八回、勝ち越しのホームを踏んだ原口を、ドリス(右から2人目)も笑顔で出迎えた

八回、勝ち越しのホームを踏んだ原口を、ドリス(右から2人目)も笑顔で出迎えた【拡大】

 ロペス、倉本を簡単に抑えた後、柴田を歩かせてしまったが、巧みなけん制でくぎづけにし、桑原を二ゴロに仕留めた。

 ヘイグと入れ替わる形で4月19日に初昇格。投げるたびに首脳陣の評価を上げ、今や八回の男という位置づけとなった。

 普段から日本語の習得にも積極的で、性格も明るい。今はラーメンがマイブームのひとつだそうだ。ビジター球場や宿舎でもとにかく食べる。名古屋では豚骨しょうゆベースのスープに替え玉までした。2軍調整中は博多ラーメンを…。

 「毎日食べている。ムチョ、ラーメン!」

 虎でラーメン好きの大将といえるのはメッセンジャーだが、教えてもらったわけではなく、自ら発掘した好物だという。このマメさがジャパニーズドリームを実現させるための武器になるはずだ。

 「勝っていようが負けていようが、いつも準備できている」

 虎党からすれば福原復帰も待ち遠しいが、それまでのタフネス右腕の存在も頼もしい。来日7試合目で初めて手にしたウイニングボール。出している力は、まだ、ちょっとだけョ~。 (阿部祐亮)

ラファエル・ドリス(Rafael Dolis)

 投手。1988年1月10日生まれ、28歳。ドミニカ共和国出身。2004年にカブスと契約。11年9月26日のパドレス戦でメジャー初登板。14年にタイガースとマイナー契約。昨季はメジャー登板がなく、タイガース傘下3Aトレドで43試合に登板して7勝5敗1S、防御率4・61。メジャー通算40試合で2勝4敗4S、防御率5・48。今年1月に阪神と契約。4月19日のヤクルト戦(甲子園)で初登板。1メートル95、109キロ。右投げ右打ち。年俸5000万円。背番号「98」

試合結果へ

  • ドリスが来日初勝利。八回を無失点に抑え、その裏の勝ち越しへ勢いをつけた(撮影・永田直也)
  • 8回、投球する阪神・ドリス=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、戦況を見守る阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、DeNA・高城のタイムリーヒットで肩を落とす先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、DeNA・ロペスの打球を逸らす阪神・江越=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 6回、DeNA・倉本の打球に飛びつくも捕れない阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、適時二塁打を放ち、ガッツポーズの阪神・板山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、タイムリーヒットを放つ阪神・板山=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 3回、板山のタイムリーヒットで生還した能見を迎える阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 2回、ボール判定に顔をしかめる阪神・能見=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 3回、チャンスで三振に倒れ、天を仰ぐ阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 2回、DeNA・山口俊の安打を悪送球する阪神・板山=甲子園球場(撮影・永田直也)