2016.5.2 05:03(1/2ページ)

阪神・ドリス、来日初星で大爆笑!大逆転呼ぶ1回ゼロ封

阪神・ドリス、来日初星で大爆笑!大逆転呼ぶ1回ゼロ封

ドリスが来日初勝利。八回を無失点に抑え、その裏の勝ち越しへ勢いをつけた(撮影・永田直也)

ドリスが来日初勝利。八回を無失点に抑え、その裏の勝ち越しへ勢いをつけた(撮影・永田直也)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神7-6DeNA、8回戦、阪神6勝2敗、1日、甲子園)ドッ、ドッ、ドリスの大爆勝! 祭りのようなラッキーセブンの間に肩を作り、八回を無失点で抑えると、ドリスに来日初勝利が舞い込んだ。

 「ムチョ、イイデス!」

 「メッチャ」「ムチャ」でもない。「とても」というスペイン語と日本語をミックスさせて初勝利の味を表現した。

 「三振や低めを意識してゴロを打たせようという気持ちだった。いつも通り投げようと心がけていたけど、大事な場面だったので絶対に抑えようという気持ちだったよ」

【続きを読む】

  • 八回、勝ち越しのホームを踏んだ原口を、ドリス(右から2人目)も笑顔で出迎えた
  • 8回、投球する阪神・ドリス=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、戦況を見守る阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、DeNA・高城のタイムリーヒットで肩を落とす先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、DeNA・ロペスの打球を逸らす阪神・江越=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 6回、DeNA・倉本の打球に飛びつくも捕れない阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、適時二塁打を放ち、ガッツポーズの阪神・板山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、タイムリーヒットを放つ阪神・板山=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 3回、板山のタイムリーヒットで生還した能見を迎える阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 2回、ボール判定に顔をしかめる阪神・能見=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 3回、チャンスで三振に倒れ、天を仰ぐ阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 2回、DeNA・山口俊の安打を悪送球する阪神・板山=甲子園球場(撮影・永田直也)