2016.5.1 05:05(3/3ページ)

黒田、セ単独トップ4勝!広島は連勝でGと0・5差2位

黒田、セ単独トップ4勝!広島は連勝でGと0・5差2位

先発の広島・黒田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)

先発の広島・黒田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 「球場の雰囲気とか、一緒に体感したかったなと思う。感動的でしたね」

 前日29日の中日戦(マツダ)の試合前。通算2000安打を達成した新井に「おめでとう」の言葉を添えて花束を贈呈した。26日のヤクルト戦(神宮)で記録達成となったため、遠征に同行せず広島に残って調整していた黒田はテレビを通して観戦。自身も日米通算200勝まであと3勝とハイペースで白星を重ねており、早ければ5月中にも大台に手が届く。

 「先を見ないで次の登板、次の登板の繰り返し。マウンドに上がればチームが勝てるようにするだけ。まだまだ記録を考える余裕もない」

 41歳のベテランは大粒の汗を拭った。チームは19日以来の2位に浮上。首位・巨人に0・5ゲーム差と肉薄した。背中を押してくれる黒田コールを励みにして、これからも必死に投げ続ける。 (玉木充)

データBOX

 〔1〕41歳の広島・黒田がリーグトップの4勝目(1敗)。広島で41歳以上のシーズンに4勝以上を挙げたのは、大野豊(1996年41歳=5勝、97年42歳=9勝)、高橋建(2010年41歳=4勝)に次いで3人目。
 〔2〕40歳以上のシーズンで4月までに4勝を挙げたのは最多タイで、08年の阪神・下柳剛(40歳)、昨年の楽天・レイ(41歳)に次いで3人目。

試合結果へ

  • 黒田は歯を食いしばって力投。リーグトップの4勝目を挙げた(撮影・鳥越瑞絵)
  • 圧勝に広島ファンもお祭り騒ぎ。デーゲームのマツダは真っ赤に染まった
  • 2回、ベンチへ引き揚げる広島・黒田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 先発の広島・黒田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 黒田博樹の今季登板成績
  • 6回、3点本塁打を放った(左から)広島・丸、田中、菊池=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、3点本塁打を放つ広島・丸=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、3点本塁打を放った広島・丸(中央)は田中(左)や菊池(右)に迎えられる=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 勝利を収め喜ぶ丸ら広島ナイン=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 4回、適時二塁打を放ち拳を握る広島・安部=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 4回、本塁打を放つ広島・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 4回、本塁打を放ったエルドレッド(右)を迎える広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)