2016.4.29 22:09

2勝目の阪神・岩貞、初バッテリーの原口に感謝「配球さえていた」

2勝目の阪神・岩貞、初バッテリーの原口に感謝「配球さえていた」

原口に笑顔を見せる阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・安部光翁)

原口に笑顔を見せる阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・安部光翁)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-1DeNA、6回戦、阪神5勝1敗、29日、甲子園)阪神の岩貞が6回を1失点(自責点0)にまとめて2勝目を挙げた。2014年の同期入団で、プロ初本塁打となる逆転2ランを放った陽川とともにお立ち台に呼ばれ「とてもうれしい」と喜んだ。

 四回2死から自らの失策で出塁を許し、そこから先制点を与えたが、大崩れはしなかった。2-1の六回は無死三塁のピンチを、中飛と連続空振り三振で脱してガッツポーズ。初めてバッテリーを組んだ原口とはイニングの合間に会話を重ね「配球もさえていた」と相棒に感謝した。

 地震による大きな被害を受けた熊本県出身で「できることは限られている。支援をしながら、野球を頑張っていきたい」と故郷への思いを口にした。

阪神・片岡打撃コーチ(陽川に)「持ち味の長打だった。これを自信にしてほしい」

原口(プロ初の先発マスクでフル出場)「とてつもない喜び。こんなにしびれる試合はなかなかない。(マスクを)かぶらせてもらってありがたい」

試合結果へ

  • ヒーローインタビューに臨む阪神・岩貞(左)と陽川=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、ピンチを切り抜け雄叫びを上げる阪神・岩貞=甲子園(撮影・永田直也)
  • 4回、DeNA・戸柱に適時打を打たれる阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 3回、先発の阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 2回、先発の阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 先発する阪神・岩貞=甲子園(撮影・森田達也)
  • 投球する阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 1回、投球する阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 9回、DeNA・倉本の打球に飛びつく阪神・横田と高山=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 指示を出す捕手の阪神・原口=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 投球する阪神・ドリス=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 7回、指示を出す阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)