2016.4.27 21:54

ヤクルト・真中監督「投打ともに完敗。先発も粘れない」

ヤクルト・真中監督「投打ともに完敗。先発も粘れない」

序盤から失点が続く展開にベンチで厳しい表情のヤクルト・真中監督(右)=神宮(撮影・大橋純人)

序盤から失点が続く展開にベンチで厳しい表情のヤクルト・真中監督(右)=神宮(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト0-8広島、4回戦、広島4勝、27日、神宮)ヤクルトは先発の山中が5回8失点と試合をつくれなかった。一回に菊池に2ランを許すと、四回は2本塁打を浴びるなど5失点。毎回の12安打を許し「チームの士気を下げてしまった」と悔しがった。

 3-11の前夜に続く大敗。真中監督は「投打ともに完敗。先発も粘れないし、相手投手にも翻弄された」と今季2度目の無得点に終わった打線も敗因に挙げた。

ヤクルト・高津投手コーチ(5回8失点の山中に)「先発がこれじゃあ試合にならない。研究されている」

中村(大敗に)「点を取られ過ぎ。反省しないといけない」

試合結果へ

  • 4回、広島・鈴木に本塁打を許したヤクルト・山中=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 広島戦に先発したヤクルト・山中=神宮
  • 4回、空振りに顔をしかめるヤクルト・山田=神宮(撮影・大橋純人)