2016.4.7 05:04(2/4ページ)

反撃チャンス一瞬でパー…虎・金本監督、審判に喝!「ジャッジ遅いわ」

反撃チャンス一瞬でパー…虎・金本監督、審判に喝!「ジャッジ遅いわ」

中井ショートバウンドキャッチ

中井ショートバウンドキャッチ【拡大】

 4連勝での奪首には失敗した。巨人のエース菅野の前に今季初の完封負け。それでもファイティングポーズは崩さない。試合後の会見場。金本監督が発した2つの“喝”に、緊張感が漂った。

 「遅いわ。問題外よ、あんなもん。投げた後にジャッジしたでしょ? あんなのあり得ない。走者はどうしたらいいの? どうしようもないよ」

 語気を強めたのは、ジャッジについてだ。0-3の七回一死一塁。梅野の飛球に左翼・中井が前進してスライディングキャッチを試みたが、打球はショートバウンドしてグラブの中へ-。問題は、ここからだ。

 三塁塁審の山路哲生審判員(36)はすぐに判定を出せず、中井が二塁へ送球してから、おもむろに両手を広げた。ハーフウエーを越えてジャッジを待っていた一走・鳥谷はあわてて二塁に向かったが…。間に合わず封殺され、反撃のチャンスは一瞬でパー(記録はレフトゴロ)。三塁ベースコーチの高代ヘッドが抗議すると、金本監督も三塁ベンチを出た。

【続きを読む】

  • 七回、梅野の打球に関するジャッジについて、「遅すぎるわ」と審判団に抗議する金本監督(左)(撮影・安部光翁)
  • 鳥谷二塁封殺
  • 3回、安打を放つ阪神・高山=東京ドーム(撮影・森田達也)
  • 投球する先発の阪神・岩田=東京ドーム(撮影・森田達也)
  • 1回、安打を放つ阪神・ヘイグ=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 2回、安打を放つ阪神・西岡=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 2回、安打を放つ阪神・梅野=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 3回、中飛に倒れる阪神・福留=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 3回巨人・菅野のバントした打球に阪神・岩田がチャージするも捕球できず内野安打を許す=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 4回、巨人に先制され梅野と話しながらベンチに引き上げる阪神・岩田=東京ドーム(撮影・森田達也)
  • 阪神・菅野(巨人)との対戦成績
  • 阪神・最近の新監督の巨人戦1カード目あゆみ