2016.4.1 05:04(1/3ページ)

衝撃プロ1号や!虎・高山、プレーボールダ~ンから4安打

衝撃プロ1号や!虎・高山、プレーボールダ~ンから4安打

高山は一回、初球とらえて右翼席へとプロ初本塁打を運ぶ(撮影・大橋純人)

高山は一回、初球とらえて右翼席へとプロ初本塁打を運ぶ(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト6-6阪神=延長十二回規定により引き分け、3回戦、1勝1敗1分、31日、神宮)史上空前の“思い切り”だ。「慎重に…」という言葉は、高山の辞書にはない。初めて無安打に終わった試合から一夜。1球で真価を見せつけた。プロ初本塁打を初球先頭打者アーチで叩き込んだ。

 「初めて対戦するピッチャーでしたけれど、見ていくよりも積極的にいこうと思って打席に立ちました。いい形で打てたので『これはいったかな』という感触はありました」

 ヤクルトの先発、デイビーズにとっても来日初球。初対面で高め135キロを一閃した。白球が右翼席で高く弾む。阪神の新人では1998年の坪井智哉以来18年ぶりとなる「先頭打者&プロ初アーチ」は、両リーグを通じても10人目。初球打ちに限れば、新人初の快挙だ。

【続きを読む】

  • 高山は十一回、中前打を放ってこの日、4安打目
  • 11回、この日4安打目となる中前打を放つ阪神・高山=神宮(撮影・大橋純人)
  • 安打を放つ阪神・高山=神宮球場(撮影・松永渉平
  • 安打を放つ阪神・高山=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 先頭打者本塁打を放った阪神・高山はレフトスタンドのファンから大声援を受ける=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 本塁打を放った阪神・高山を見つめる金本監督=神宮球場(撮影・森田達也)
  • 1回先頭打者本塁打を放ち生還する阪神・高山(右)=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 先頭打者本塁打を放ち生還する阪神・高山(9)に最敬礼の福留(右)=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 1回、先頭打者本塁打を放った高山を出迎える阪神・金本監督(左)=神宮(撮影・大橋純人)
  • 1回、本塁打を放つ阪神・高山=神宮(撮影・森田達也)
  • 1回、本塁打を放つ阪神・高山=神宮(撮影・森田達也)
  • 1回、初球を打ち右越えに先制ソロ本塁打を放つ阪神・高山=神宮(撮影・大橋純人)