2016.3.30 05:02(1/2ページ)

虎に新たな歴史!高山、思い出の地・神宮で虎新人最長開幕4戦連続H

虎に新たな歴史!高山、思い出の地・神宮で虎新人最長開幕4戦連続H

八回、高山は三塁内野安打。全力疾走で4戦連続安打をもぎ取った(撮影・大橋純人)

八回、高山は三塁内野安打。全力疾走で4戦連続安打をもぎ取った(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト2-6阪神、1回戦、阪神1勝、29日、神宮)スタンドはポカーンとしていたが、電光掲示板には「H」マークが灯っていた。D1位・高山俊外野手(明大)が東京六大学の舞台である神宮に凱旋。最終打席でヒットを放って虎の新たな歴史を作った。

 「どうですかね。結果的によかったです」

 4打数無安打で迎えた6-1の八回一死で5打席目が回ってきた。ヤクルトの4番手・オンドルセクの変化球を振り抜くと、バウンドした打球は三塁線にコロコロ…。三塁手・川端が捕球をあきらめたが、フェアゾーンに残った。前日28日に金本監督が横田と比べて「プレーはもっと泥んこになってやっていかないと」と話していたが、泥臭い安打で応えた。

 これでルーキーによる開幕からの連続試合安打記録を「4」に更新。2001年の沖原佳典を抜き、球団新記録だ。昨秋に東京六大学の最多安打記録(131安打)を塗り替えた場所も神宮。申し子ぶりをみせつけたが、「どこの球場も同じです。自分は一生懸命プレーするだけです」と謙虚に話す。

【続きを読む】

  • 8回、内野安打を放つ阪神・高山=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 試合前のセレモニーでナインとハイタッチをする阪神・高山(左)=神宮球場(撮影・大橋純人)