2016.3.30 05:02

虎・岩崎、5回2失点…課題残る復帰登板 掛布2軍監督「これから」

虎・岩崎、5回2失点…課題残る復帰登板 掛布2軍監督「これから」

岩崎が先発マウンドに復帰。1軍復帰を目指して再スタートを切った

岩崎が先発マウンドに復帰。1軍復帰を目指して再スタートを切った【拡大】

 ウエスタンリーグ(29日)2月の沖縄・宜野座キャンプ終盤に背中を痛めた阪神・岩崎優投手(24)が29日、ウエスタン・ソフトバンク戦(筑後)に先発。2月21日のヤクルトとのオープン戦(浦添)以来となる登板で5回6奪三振3四球2失点だった。四回に2ランを浴びるなど課題も残ったが、掛布雅之2軍監督(60)は復調に期待した。

 ようやく立ったスタートライン。課題が出て当然だ。岩崎が1カ月以上遠ざかっていた先発マウンドで腕を振り、ウエスタン・リーグ4連覇中のソフトバンク打線を相手に5回2失点。悔しさを押し殺しながら、振り返った。

 「練習でできないことで、試合に出てわかることがあるので。感覚を早く取り戻したいですね」

 三回までは1安打に抑えたが、潮目が変わったのは四回だ。球が高めに浮き始め、先頭の牧原を四球で出すと、一死後、江川に真ん中付近の137キロ直球を左越えに運ばれた。試合は13安打と打線が好調。6-2で勝利したが、岩崎にとっては“宿題”が残る復帰戦となった。

 「四回から少しフォームが崩れてきましたが、五回に悪いところを修正できたので、六回、七回といける感じがしました」

 掛布2軍監督は「ブルペンの100球とは違う。これからじゃないかな」とさらなる復調に期待した。昨季は1軍で15試合登板(3勝10敗)の左腕。背中の張りを訴え、春季キャンプ終盤で脱落したが、長丁場のペナントレースで1軍から声がかかるときは必ず来る。 (新里公章)

  • 2回、ベンチに戻る阪神・岩崎=タマホームスタジアム筑後(撮影・仲道裕司)
  • 3回、阪神ナインとタッチをする陽川=タマホームスタジアム筑後(撮影・仲道裕司)
  • ベンチから見守る阪神・掛布2軍監督(左)=タマホームスタジアム筑後(撮影・仲道裕司)
  • ベンチから見守る阪神・掛布2軍監督(左)=タマホームスタジアム筑後(撮影・仲道裕司)