2016.3.28 05:05(3/4ページ)

超変革打線オモロいわ~!虎・ヘイグ、助っ人初の開幕3戦連続打点

超変革打線オモロいわ~!虎・ヘイグ、助っ人初の開幕3戦連続打点

6回、タイムリーを放つ阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)

6回、タイムリーを放つ阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)【拡大】

 「(右打ちは)自分の特徴のひとつだよ」

 開幕3戦連続打点。虎の長い歴史の中で新外国人が成し遂げるのは初だ。「知らなかった。うれしいね」と笑顔だが、誰よりも目尻を下げたのは金本監督だろう。

 「勝負強いね」

 開幕直前まで、オープン戦打率1割台の助っ人の打順に悩んだ。3番か7番か。そして攻めた。抜てきは吉と出た。

 「(2球目を見て)相手バッテリーが『じゃあ広いところ(外角)に投げよう』というのを感じ取ってね。僕も結構そういうところがあった。ちょっとあの場面は同じ匂いがしたね」。頭脳戦を得意とした指揮官と“同じ匂い”-。最大級の褒め言葉といっていい。

 ここまでは「独特な打ち方、タイミングの取り方。彼なりの世界があるだろうから、あまり足を踏み込んでもね」と、ほぼノータッチ。「外国人は開幕してみないとわからない」。現役時代からの経験値だ。実際マートンも「最初はダメかなと思った」という。独特なリズム、感性。本人の力を信じた。そして片りんを確かに感じ取った。

【続きを読む】

  • 3戦連続タイムリーを放ったヘイグ。虎の助っ人初のロケットスタートだ(撮影・松永渉平)
  • お立ち台でヘイグは「コンパ~イ」と覚えたばかりの日本語を披露
  • 6回、適時打を放ち一塁ベース上で手を叩く阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  • 6回、適時打を放つ阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 6回、適時打を放った阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 6回、適時打を放つ阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 試合後、手を振る阪神・ヘイグの妻・エリカさん=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • ヒーローインタビューでガッツポーズの阪神・福留とヘイグ(右)=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)
  • 試合後、藤川にねぎらわれる阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • ハイタッチの列で、平田チーフコーチに腕を持ち上げられる阪神・ヘイグ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 試合に勝利し、ハイタッチの高山、横田ら阪神ナイン=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • ベンチで梅野と話をする先発の阪神・藤川=京セラドーム大阪(撮影・安部光翁)