2016.3.28 05:02(2/2ページ)

若い子には負けん!阪神・福留、4番1号&先制タイムリー!

若い子には負けん!阪神・福留、4番1号&先制タイムリー!

1回、適時打を放つ阪神・福留=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

1回、適時打を放つ阪神・福留=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)【拡大】

 打線に自ら火をつけた。一回二死二塁からは今季初打点となる先制の中前打。一塁ベース上で、ガッツポーズをするほどの喜びように、金本監督も「タイムリーと(ホームラン)。きょう2打点かね。先制パンチとしてはよかったね、本当に」と4番の活躍を勝因にあげた。

 開幕から2試合とも、ヒットを1本放ったが、得点圏で走者をかえせなかった。そんな中、高山&横田の1、2番コンビが打って走って、打線を引っ張っている。

 「まだ2試合だけど、ベンチの雰囲気もすごくいいんです」

 その中心にいるのは自分ではなかった。オープン戦からベンチ内で打撃だけでなく、同じ外野手として守備のアドバイスを送り続ける若虎たちだった。開幕して3試合目。“師匠”として、お手本を示さなければ…という思いは強かった。

 「彼らは(いま)野球をやっていて楽しいだろう。そんな2人を、のびのびとプレーできる環境をつくるのが僕らの仕事です」と力を込めた。そして、最後にこう付け加えた。

 「僕らも、彼らに負けないつもりでがんばりたい」-。若手とともにベテランも打線を引っ張って、チームを勝利へと導いていく。 (三木建次)

試合結果へ

  • 若手に負けてられん!福留が今季1号を右翼にたたき込んだ
  • 1回、適時打を放つ阪神・福留=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)
  • 1回、適時打を放った阪神・福留=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)
  • ヒーローインタビューでガッツポーズの阪神・福留とヘイグ(右)=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)
  • 7回、投手交代の時に横田、高山と話す阪神・福留=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  • 3回、本塁打を放ち、ナインに迎えられる阪神・福留=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 3回、本塁打を放った福留を出迎える阪神・金本監督=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  • 6回、安打を放つ阪神・横田=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)
  • 9回に登板の阪神・マテオ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 6回、安打を放つ阪神・横田=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)
  • ゲームセットでハイタッチの阪神ナイン=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  • 2回、ホームインした高山俊を迎える先発の阪神・藤川=京セラドーム大阪(撮影・安部光翁)