2016.3.27 20:50

元南海・三浦清弘氏死去 チーム黄金期支え、65年に防御率のタイトル獲得

元南海・三浦清弘氏死去 チーム黄金期支え、65年に防御率のタイトル獲得

 元プロ野球南海投手の三浦清弘氏(みうら・きよひろ)が27日午前4時30分、肺炎のため大阪市の病院で死去した。77歳。大分県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男太士(ふとし)氏。後日お別れの会を開く。

 通算成績は132勝104敗で、65年に防御率のタイトルを獲得。杉浦忠氏(故人)らと南海黄金期の投手陣を支えた。