2016.3.23 18:09

左腕の秀岳館・田浦、救援・有村に感謝「次は返せるようにしたい」/センバツ

左腕の秀岳館・田浦、救援・有村に感謝「次は返せるようにしたい」/センバツ

 第88回選抜高等学校野球大会第4日第3試合(秀岳館6-5花咲徳栄、23日、甲子園)六回から2番手で登板した秀岳館の田浦は、左腕から切れのある直球とスライダーを投げ分け、2イニングで五つの三振を奪った。しかし「力んだ」という八回に死球から崩れ、二塁打3本を打たれて降板。背番号1の有村が救援し、1回2/3をぴしゃりと締めた。

 花咲徳栄の反撃を食い止めた有村は「絶対に抑えてやろうという気持ちだった」と涼しい表情を浮かべた。救われた2年生の田浦は「秋も助けられた。次は返せるようにしたい」と感謝していた。

センバツ試合速報を受け取る(Android限定)

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ