2016.3.22 17:54

阪神も高校野球くじ判明、1、2軍選手20人弱が関与と公表

阪神も高校野球くじ判明、1、2軍選手20人弱が関与と公表

 阪神・四藤慶一郎球団社長(55)が22日、西宮市内の球団事務所で会見を開き、2013年から昨年までの3年間で、阪神の1、2軍選手20人弱が高校野球の優勝校を当てる「くじ引き」を行っていたことを公表した。

 春夏の甲子園大会が対象で1人5000円を出し、くじ形式で優勝チームを引き当てた選手が総取りする仕組みだという。

 さらに試合後、ランダムで行われるドーピング検査に対し「(対象となった)2人に対して“ご苦労代”ということでベンチ入りしている選手が1人1万円、その検査を受けた選手に手当として渡していた」と発表。投手陣が投球イニングに対して1回1000円を積み立て、食事会の原資にしていたことも明かした。

 3月15日に阪神は昨季まで円陣をめぐっての金銭授受を公表し、その後、選手、監督、コーチ、フロントらにヒアリングした結果、いずれも判明した。

 四藤社長は「違法賭博につながっていくのでやってはいけないこと。ファンに申し訳ない」と謝罪した。