2016.3.20 05:01

虎・マテオ、5試合で防御率0・00「ゼロで切り抜けることが大事」

虎・マテオ、5試合で防御率0・00「ゼロで切り抜けることが大事」

八回、投球する阪神・マテオ=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)

八回、投球する阪神・マテオ=京セラドーム大阪(撮影・永田直也)【拡大】

 オープン戦(オリックス2-4阪神、19日、京セラD)3点リードの八回に登板したマテオは、不運な二塁打などで二死二、三塁のピンチを招くも、ボグセビックをスライダーで空振り三振に仕留めた。「ゼロで切り抜けることが大事。(京セラドームは)開幕戦を行うのは知っていた。球場の雰囲気は気に入っているよ」。オープン戦は5試合で防御率0・00。虎の新守護神は、20日の同戦で連投テストを行う予定だ。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 八回に登板の阪神・マテオ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)